【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像

【仏像】TanaCOCORO[掌] 菩薩半跏像

通常価格
¥25,300
販売価格
¥25,300
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

優美な姿際立つ
黒のグラデーション

■救いの方法を思索する優美な姿
菩薩とはやがて悟りをひらいて如来となり、人びとを救うために修行をする仏のこと。
右足を左膝の上に置き、頬に手を添えて俯く姿を「半跏思惟(はんかしゆい)」と言い、如来となった時に衆生をどのように救済するかを考える姿を表したものです。

■イスムこだわりの造形
モデルは奈良県の国宝 木造菩薩半跏像。飛鳥時代に造像されたもので、聖徳太子が建立したという日本最古の尼寺の本尊として安置されています。古くは弥勒菩薩と呼ばれていましたが、現在は如意輪観音の名で信仰されています。
全身に施される女性的な曲線が優美な印象を与える傑作で、頬にやわらかく添えた指の先に浮かぶ表情は、モナリザやスフィンクスとならんで世界三大微笑のひとつに数えられます。 造像当時の彩色が剥落し下地の黒漆に覆われていますが、その黒く艶やかな輝きが時代を経た像の気高さを際立たせています。
イスムでは特にその神秘的な色の表現にこだわり、胸元には艶やかな黒、衣には透明感のある黒、そして光背には木肌のやわらかさを活かした黒と、全身に様ざまなニュアンスを織り込んで仕上げています。

製品内容:本体
生産地:中国製
素材:ポリストーン